心の悩みを聴くお救け場所
 天理教浦和分教会

トピックス

2月の本部月次祭

2月月次祭は、冷たい雨が降る中につとめられました。この日も、登殿者の制限をしての祭儀でしたので、おつとめが終わるのを待ちまして、昇殿させていただき参拝してまいりました。
一日も早く、コロナ禍が収束しますようにと、この日も多くの人たちが願いを込めてつとめられたことでしょう。
浦和に戻り、教会の梅花は満開となっておりました。

立春

1月の本部おぢばでの 春季大祭もコロナ禍での緊急事態宣言下にて、制限せざるを得ないおつとめがなされました。とても残念です。

当教会の春季大祭2月21日も、宣言延長の中、感染予防を徹底してのおつとめとさせていただきます。よろしくお願いします。
中々、喜び勇んだ記事が書けず、恐縮します。

11月の教内地 風景

ススキが、屋根まで伸びました。もうすぐ師走ですね。

11月のひのきしん

11月23日 浦和駅東口にて、埼玉県赤十字社の献血活動に、天理教浦和支部にて、献血並びに呼び込みひのきしんを行いました。
皆さん、ご苦労様でした。

中島みゆき 第二詩集「四十行のひとりごと」発刊

中島みゆきさんの詩集が10月1日に発刊されました。
大変楽しみにしてました。皆さんもどうぞ読んでみましょう。

9月の一言

コロナ禍の中、暑い夏もやっとやっと通り過ぎていこうとしておりますが、海面温度が例年以上に高いようで、次なる試練は大型の台風が発生しやすいようです。
次から次へと自然界からの猛威と試練、私たち人間のなんと小さなことかと思い知る。
”このよふのぢいと天とハぢつのをや それよりでけたにんけんである” おふでさき(十 54)

自然界の中では、私たち人間はほんの小さな生き物ですが、互い助け合い支え合って通る中に、きっと喜びが生まれます。と親神様が仰っております。

今月の浦和分教会の21日月次祭は、10時より始めさせていただきます。そののち 秋の御霊祭を行います。皆さまどうぞご参拝ください。

今月の境内地の花

やっと長い梅雨も明けました。教会の庭に熱い中でも咲いてくれる花たちがあります。
ヤブミョウガ
ダルマヒオウギ

7月のお知らせ

この度、都道府県をまたぐ移動自粛が緩和されたことを受け、をぢば帰りの動きを徐々に再開して良いこととなった。
教会本部では、7月より土・日曜・祭日の正午より拍子木を入れておつとめを勤めることとなりました。
また、月次祭は各地の教会長が年内に一度ずつ昇殿して参拝する予定となりました。

お知らせ

新型コロナウイルスの影響で、現在本部よりの通達により、各行事はすべて中止となっております。とても残念ですが、今しばらく我慢しましょう。

お問い合わせ

天理教浦和分教会 
〒330-0061  埼玉県さいたま市浦和区常盤1-2-11/ TEL 090-8346-9126  お問い合わせはこちら
PAGE TOP