心の悩みを聴くお救け場所
 天理教浦和分教会

ひのきしん

生かされている喜びの表現

「ひのきしん」と云う活動があります。
 これは、日々親神様・教祖への寄進と云う意味です。私たちは親神様からお貸しいただいているこの身体を使わせていただき、心のまま自由に生活をさせて頂けます。そのお陰で喜びを味わうことができるのです。その感謝の思いを、神様に御礼申し上げなければなりません。喜びを感じた時、人は自然と”ありがとう”と言葉にだします。その言葉を行動として現わすことを「ひのきしん」といいます。
つまり、親神様に喜んで働いていただけるようにと、お供えとなる喜びの行動とも言えます。
 周りの人たちが喜んでくれることをすれば、それは ひのきしんとなります。 
誰でもできる道路や駅前のごみ拾いや、公園などの草取り、献血活動のお手伝いなどの活動や、災害時に行政機関や被災者から依頼を受け、連携を取り合って復旧活動を行っております。
「災害救援ひのきしん隊」という組織を、天理教本部及び全国都道府県に展開し、緊急時の社会貢献も行っております。

お問い合わせ

天理教浦和分教会 
〒330-0061  埼玉県さいたま市浦和区常盤1-2-11/ TEL 090-8346-9126  お問い合わせはこちら
PAGE TOP