心の悩みを聴くお救け場所
 天理教浦和分教会

心の悩み相談 ”陽気ぐらしになるには” 

天の声に気づく

ここで紹介する活動は、宗教活動の一環ではありますが、その枠を外しての内容となります。

 ご家庭内の様々な悩み相談に、お応えする活動を行っております。
現代社会は、「ストレス社会」ともいわれております。生活していくうえでの激しい競争社会、管理社会の中で現代人は多くのストレスを抱えており、それが原因で「こころの病」を引き起こし、人間関係不信や夫婦不和、子育て介護疲れ、子供の非行化や不登校・ひきこもりで悩まれているご家庭が多くあります。
宗教家の一人として、人をたすける事こそ大切な活動であるとの一念で、相談者一人一人の悩みに、丁寧に寄り添いながら、結果として心の平静さを取り戻していただく事を目的としております。


 最近の悩み相談として、お子様の「不登校・ひきこもり」状態に悩まれているご家族さまが、非常に多くいらっしゃいます。
最愛なるお子様が抱えてしまったこの問題は、過ごしてきた年限が短く、思考能力がまだ幼いこころに、複雑な事象が重なり、ストレスの重圧にどう対処してよいのか分からなくなって、こころを閉ざしてしまった状態となっております。
何が原因かを追究するのではなく、これからどの様に周りの人たちが接していけば、ストレスからこころが少しずつ解放されていけるのかを、一緒に考えて行きたいと思います。

 お子様は、確かにご両親のお子様であることは、間違いありませんが、“夫婦があって子供がいる” のではなく、“夫婦もいて子供も共にいる” なのです。神様が、人生がより豊かになるようにと、他人同士を引き合わせて夫婦となり、子供を授けて下さいます。私たち個人のまわりに引き寄せ居る者は、神様からの授かり者、お借りしている人達です。産み育てての子供ではありますが、子供とて神様からお借りしている人間です。どんなに今まで傍にいて生活の大半を共にして来たとて、ご両親各々のこころと、お子様のこころは別ものです。分からないのが現実です。大切なのは、分かり合えるようにお互いを尊重しあって暮らすことだと思います。

 お子様自身も悩んでいることは事実で、その悩みを取り払ってあげる方法を、ご両親だけで悩まれていないで、どうぞ相談してください。人の目を気にしていて隠していますと、取り返しのつかない事態になります。勇気をもってさらけ出しましょう。必ず「天の声に気づく」ヒントがありますよ。

 その他、「子育て疲れ」「夫婦不和」「介護疲れ」「孤独感」等の悩みを抱えられている方の相談にも応じておりますので、遠慮なく来所下さい。

 相談は無料で応じております。電話やメール・LINEでのご相談方法でも結構です。
また、直接教会へお越しいただき、対面方法でのご相談でも結構です。神前へ顔を見せていただきますと、神様も喜んでお働き下さると思います。

 尚、宗教活動の一環としての対応でありますので、宗教上のお話をさせていただく事もありますが、決して宗教への勧誘を強要することは致しませんので、ご安心ください。
いかがわしい宗教活動ではないことを、ここにお誓い申し上げます。
また、個人情報の守秘義務に徹しますことを、重ねてお誓い申し上げます。

お問い合わせ

天理教浦和分教会 
〒330-0061  埼玉県さいたま市浦和区常盤1-2-11/ TEL 090-8346-9126  お問い合わせはこちら
PAGE TOP